ASD・LD・AD/HD

学校不適応として不登校になりやすい LDの子どもたち

最近思っていることを書きますね。
LD(学習障害)のお子さんについてです。

学校不適応として不登校になりやすいのは
LDの子どもたちです。

ラボ子
ラボ子
でも残念ながら学校現場で
純粋なLDの子どもの
名前があがってくることは
まずありません。

というのは、純粋にLDだけの子どもは
人様に迷惑をかけないからです。
つまり行動上の問題がないのです。

お勉強が苦手な子とか、
テストができない子と同じように
思われてしまっています。
つまり低学力層と一緒にされているのです。

でも、これがAD/HDのように

多動や衝動性で問題行動が目立つ子ならば
まあ、間違いなく名前があがりますね。
先生もしっかり気にかけてくれます。
校内支援もスタートするでしょう。

LDの子は不登校になって
ようやく名前があがる
・・・みたいなことが多
のです。

つまり彼らは放っておかれがちな子どもたちなのです

学校の勉強には、
必ず読み書きを必要とするので
読み書きに問題を持っているLDの子どもたちの劣等感は
すさまじいものがあります。

それで学校不適応を起こしてしまうのです。

早い時期に気が付いてあげて
コンプレックスの塊になる前に
支えることが
実はものすごく大切なのです。

・学習方法はひとつではないことを伝え
・学習のやりかたを変えてみる、
・子どもに合わせた目標設定にしてやる、
・理解や記憶はその子の認知特性に合わせる

などが、
LDのお子さんへの
学習指導の基本となります。

つまり

二次的な不適応の予防を念頭に
子どもに合わせた指導の工夫をすることが

LDの子どもたちには
兎にも角にも大切なポイントかな思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA