ASD・LD・AD/HD

集中が課題なのか 理解や記憶が課題なのか 指導するときは これを見極めなければなりません

いつもたくさんの方に見て頂きありがとうございます。
宝塚発達心理ラボのラボ子です。

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー 

先生の説明を聞き漏らすことが多い子に
「しっかり聞きなさい!」
という指導だけでいいでしょうか

この指導で

うまくいく子といかない子がいるのは
なぜでしょうか?

宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑

もし集中に問題のある子でしたら

「しっかり聞きなさい」と

先生に言われたら

気持ちがシャキっとして
もしかするとうまくいくかもしれません。

でも・・・・・・
注意向けてから話しても
わからないというお子さんは

それは理解や記憶の問題なわけです。

集中が課題なのか
理解や記憶が課題なのか

指導するときは
これを見極めなければなりません

 

宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑

理解や記憶が課題であれば

わかりやすく話したり
短く話したり
メモをさせるなどが支援になるでしょう

宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑

例えば、
通常の学級の先生であれば

説明するポイントを板書したり、

3つ以上になると
覚えきれない子がいますので

たくさんのことを伝えたいときには

黒板を上手に活用するとか
本人の前にメモを置く

などがいいと思います。

宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑

子どもたちの中でも
ワーキングメモリが弱い子は
言われたことを次々に忘れてしまうので
失敗が多いのかもしれません。

宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑

一般には
記憶の容量は
7チャンク±2が標準の容量
と言われています。

(チャンクは塊のことです。
5~9くらいがおおよその標準です)

知的障害のお子さんや
発達障害のあるお子さんは
もっともっと記憶の容量が小さいです。
 

だからそこの容量の小さい部分を
フォローする視点が
支援をするときには
必要になると思います。

宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑宝石緑

メモはずっと残りますし
目で見てわかるので

身近な方法として
記憶のフォローには
簡単で有効な方法だと思います

いつも訪問ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA