不登校・ひきこもり

【不登校支援】学校の不登校支援への視点と ひきこもり当事者たちとの想いは 相当ずれている

いつもたくさんの方に見て頂き、ありがとうございますニコラブラブ宝塚発達心理ラボのラボ子です。

<写真:2017.2.25-26 若者当事者全国大会>

この週末の土曜日は
ひきこもり女子会の「秋の遠足」です。
週間天気予報では晴れですよ♪

今日は不登校支援について書きますね。

学校の不登校支援への視点と
ひきこもり当事者たちとの想いは
相当ずれているな~と感じています。

これはずっと感じていたことです。

以前、豊中市であったひきこもり当事者の全国大会に参加して
ひきこもる方々の気持ちを聞く機会がたくさんあったとき、
その想いは確信に近くなりました。

学校は基本的に不登校に対して

・ひきこもりは悪
・学校来ないのはさぼり
・そんなことで将来どうするんだ
・ちゃんと来なさい

というスタンスです。
熱心な先生ほどそうです

それは学校の先生という職業に就く人は
基本的にはこれまでの人生が
学校文化に適応してきた人種であるからです。

そして職業についていて
毎日勤務できる強い精神力と体力がある人たちだからです。

ラボの活動などでそうでない人たちとたくさん接してきて
元々のエネルギー量が
そんなに高くない人たちもいること、
そしてその生活のペースや生き方を知りました。

うまく周りに順応できない苦しさを
慢性的に抱える人たちとも出会いました。

寄り添いながら伴走しながら
ゆっくり支援していくというのは
どうやら学校という場所においては
なかなかむつかしいようです。

でも学校に一人くらい
こういう考えの人がいてもいいと思うので
俯瞰的な視点をもって
長い人生スパンで支えていきます。

いつも訪問ありがとうございます★★

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA