二次障害の理解と支援

人間関係は人間関係からしか学べないがもうこれ以上傷つきたくはない

AD/HDのお子さんやASDの方々に多くみられる人間関係パターンです。対人関係の失敗から自尊感情が下がっていく流れです。

人とすぐ喧嘩になる→つきあうのが難しい→人と付き合うのはめんどうくさい→できれば一人でいたい→友達と付き合わないので対人関係を学べない→トラブルを起こすことが多くなる→「私の先生やクラスメイトは私に対していつも批判的である」と考えるようになる→「私は先生もクラスメイトも嫌い、人付き合いも嫌い、友達が全くできない、人に受け入れてもらえない」→「わたしはダメな人間だ」→自尊心の低下→二次障害の発生 という流れです。

人間関係は人間関係の中でしか学べません。けれどもその人間関係の中で傷つくことが経験からわかってしまうのでどうしても臆病になり人間関係を学ぶ機会がなくなるのですね。どこかでこの悪循環を止めなければ自尊感情が著しく下がってしまいます。逆に言うとこの悪循環のループのどこかで適切な教育的対応が行われれば二次障害への予防の可能性が高まります。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA