DSM-5

ASD(自閉症スペクトラム)についてのDSM-5での変更点

ASDの改定について

ASD(自閉症スペクトラム)の改定について書きます。DSM-5の変更で、ASD(自閉症スペクトラム)は大きく変わりました。これまで「広汎性発達障害(PDD)」という診断名の子どもたちがたくさんいましたが、新しい診断基準では、広汎性発達障害(Pervasive Developmental Disorder :PDD)という診断名はなくなりました。「アスペルガー障害」も、「特定不能の広汎性発達障害(Pervasive Developmental Disorder Not Otherwise Specified : PDDNOS) : 非定型自閉症(Atypical Autism)」も、DSM-Ⅳ-TRに基づく診断です。

アスペルガー障害について

アスペルガー障害は「知的発達に遅れのないASD」だと置き換えて考えるといいかなと思います。今後、新たに診断を受ける子どもは「自閉症スペクトラム」と診断され、そして3段階の重症度区分が入るので、医療機関で出される軽度・中等度・重度という判定も、診断名と合わせて療育機関や学校に知らされると思います。さらに5つの特定用語(併存状態)の有無も記載があるはずです。

ラボ子
ラボ子
より子どもの実態がわかるからこの方がいいと思います

今回の改定についてー5つの特定用語と重症度

つまり、今回の改定では、5つの特定用語(併存状態)と重症度(3段階)を併記する方式になりました。症度は、3段階、軽度・中度・重度です。特定用語というのは①知的障害②言語障害③医学的、遺伝的、あるいはその他の疾患④その他の神経発達障害(例えばAD/HDです)⑤カタトニア(無動状態のことです。重度の遅滞を伴う自閉症に見られるときがあります。)です。この①~⑤の有・無を記載します。

例外が一番多いってそれって例外?ー非定型自閉症

DSM-Ⅳの診断基準だと、特定不能の広汎性発達障害(PDDNOS)がいっぱいでした。これは別名、非定型自閉症と言われていました。でも考えてみれば非定型が一番多いって変です。だって例外が一番多いってそれはもう例外じゃないです。診断基準に基づいて例外だからこそ非定型なのに。

ラボ子
ラボ子
ごく少数だからこそ例外なのに、なんだか主流になってしまった…。

スペクトラムは連続体という意味

まあ、そんなこんなでDSM-5になった今後は、診断名の記載はずいぶんすっきりすると思います。ただ、「スペクトラム」というのは「連続体」という意味です。つまり、境目がはっきりしないということですから今、目の前にいる子どもの状態をしっかり見ることが大切です。アセスメントは、今以上に重要になるかなと思います。

自閉症の診断基準 ビフォ-アフター

これまで自閉症の診断基準は

A「社会的相互交渉」
B「意思伝達(コミュニケーション)」
C「行動、興味、活動の限局された反復的、情動的な様式」

のこの3つの領域の異常であるとされてきましたが、

DSM-5では
A’「社会的コミュニケーション及び相互交渉」
B’「行動、興味、活動の限局された反復的な様式」

の2領域にまとめられました。

つまり最初のAとBの2つが社会的コミュニケーションと社会的交流の障害にまとまった形ですね。

そして、B’には、自閉症の子どもたちによく見られる知覚過敏性・鈍感性など知覚異常の項目が追加されました。知覚入力の異常が、1項目としてカウントされればあと1項目だけのこだわり行動があれば基準B’は陽性です。わかりやすいです

診断名が変わっても

今後は、AD/HDであれば、それも診断してもらえますので引継ぎの資料にも記載されてきます。ASDとAD/HDの併存を認めるという変更は子どもを知る手がかりとしてはありがたいです。でも診断名が変わったからといって就労支援の仕方や課題が変わるということはまずないのでこれまで同様に丁寧なかかわりを続けていきたいと思います。

ラボ子
ラボ子
これからも頑張っていきましょう

診断名が変わったからといって就労支援の仕方や課題は同じです。これまで同様に丁寧なかかわりを続けていきましょう

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA