ラボ子のつぶやき

【2020年を振り返って】今年もお世話になりました

2020年12月31日のご挨拶

今日で2020年が終わります。無事この日を迎えられて感謝です。
今年の宝塚発達心理ラボの活動を振り返ってみます。
いつも応援ありがとうございます。

2020年の活動報告

2020年はやはりコロナの影響は避けられず
公民館の会場を使用した学習会関係は
全て中止になりました。

ひきこもり女子会では
お散歩会など野外の活動はいくつか実施できましたが
やはりZoomを使っての運営が中心になりました。
その中でZoomにはZoomの良さがあることも発見できました。

個人的なこと

個人的なことを書きます。
学校現場はコロナ直撃で今までにはなかった仕事が増えたこともあり
またコロナで減った卒業後の進路の確保の問題もあり
自分自身に時間の余裕が全くなくなってしまいました。

ライフワークバランスを真剣に考えないと
自分の健康も危うい‥と感じました。
これは私だけの問題じゃないのです。学校現場が抱える構造的な問題でしょう。

けれども発達に課題を持つ子どもたち自身から学べる学校という場所は貴重です。
この日々の関わりがあってこそ自分たちの学びに実践の場が与えられるのです。
来年は自分がしんどくならないような働き方を模索していきたいと思います。

2021年にむけて

月1回の地域への活動と合わせて、会員相互の学習会も充実させて、お互いの力量アップを目指していきたいと思います。

活動費は全て持ち出しで全員手弁当なので、そこのところもきちんと考えていけたらと思います。自分自身はいいのですが、会員さんが学習会のために準備に費やしてくださった時間分くらいは保証して差し上げたいな…と思っています。

このブログもあまり読まれていないのが現状なのです。だからなんとか100人は安定して見ていただけるような内容に高めていきたいと思います。

今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA